私たちは子どもに何ができるのかー非認知能力を育み、格差に挑むー

*太字はリンクを貼り付けてるのでタップでジャンプできます。

原著は英語で、調査の対象になっているのはアメリカの貧困地域なので、だからどうってこともあまりないのかもしれませんが、一応頭に入れておいてください。

ブログのけっこう初期に「幼児教育の経済学」ってのを紹介したんですが、それもこれ系(非認知能力を育むのがいい!系)でした。

まあ最近の流行りですな。

 

ほいでから、これ、

「今から新しい教室を始めようかなー、ちょっと勉強になる本ないやろか」って人とか

(そういう人が本とかから発想得るかどうかはわかりませんが。)

「おうちでもなんかできないかなー」って人とか

そんな感じの人向けかと思います。

ざっっっくりしたスタンスに立ち返りたいな―ってときに読みたいって一冊。

 

それっぽいエビデンスもあるしね。

 

ほいじゃあ、いきましょう!3つのストーリーだけいきますよー◎

ノンストレスがいい!

「まあな」って感じですが、ちょっと「おっ」ってなったのは、

「間接的でもストレスにさらすのはよくない」ってこと。

例えば、家で父ちゃん母ちゃんがけんかしてたりするのは良くない、ってこと。

 

直接ストレスかけたり、虐待したり、ネグレクトしたりってのはわかりやすいんですけど、

「間接的にも」っていうのはびっくり(程でもないですが)しました。

ノンストレスでいきましょう、ニコニコね。

知り合いがやっているフリースクールも居心地の良さにはこだわってるそうです。

 

非認知能力は教えることはできない

お次はこれ。

非認知能力っていうのは、武装できる、いわゆる「スキル・知識」ではなくて、

「へこんだときに『よいしょ、もうひと頑張り』ってできる力」とか

「『わ、これおもしろい!もっとやろう!』ってハマってみる力」とかの

性格っぽいところです。

 

これは、しっくりきた文があったのでそれをそのまま紹介します。

「二次方程式について話さずに二次方程式を教えることができないのは自明の理だが、私が挙げた事例を読んでもらえれば、自制心の利点について一言も話さなくても生徒の自制心を育てられることがはっきりわかるはずだ。・・・好奇心のワークシートを埋めることで好奇心を身につける子供はいない。」

 

うーん、なるほど。なんでこんなたとえが上手いんでしょう。

今後マネします。

 

「やろうと思ってできることじゃない」ってことですね。

だから、根性論なんてもっての外。

報酬はだめ、絶対

本の中では、子どもたちを3グループに分けてパズルで遊んでもらってます。

調査では子どもたちに報酬を、場合にわけてあげる2グループと全くあげないグループに分けて実験してます。

 

最後までパズルをやり続けたのはどのグループだと思います?

 

とまあこんな聞き方したら

「まったく報酬のないグループ」

になりますわな。

 

そう、結局子どもたちは

自分たちでパズルを『楽しいもの』に認識を変えたので、

報酬をもらえようがもらえまいが、パズルで遊び続けたわけです。

パズルをすることそのものが報酬になってると思ってもいいのかもしれないですね。

 

 

 

=====

 

ま、ちょっと雑な紹介になりましたが、

読んでみれば「ほぉほぉ、なるほどな」と読めるので、ぜひぜひご一読を◎

▼アマゾンでぽちー(画像をタップ)




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了