CABA Camp

Challenge for Aliveness &Back home with Awarenessージリツのためにチャレンジし、気づきをもって家に帰る」をコンセプトに、濃密な生活経験を過ごすキャンプを作っています。




上の資料を確認し、ご都合や好みに合わせて、参加するプログラムをお選びください

Q&A


第5回、第6回のカバキャンプに関して、実際に頂いた質問とその回答を随時更新していきます.

Q A
 説明会の申し込みは必要ですか? 必須です。キャンプ申し込みフォームから同様に行えます。説明会参加後にキャンプ参加を検討する場合も予めすべての項目にご記入ください。期限内であればキャンセル料はかかりません。 
登山はかなりきついですか? それぞれの体力にも寄りますが、単純な累積標高は大江山連峰も大山も愛宕山(900m程度、京都)くらいとお考え下さい。普段から運動をしていたり、外でよく遊んでいれば5時間程度で登って降りることができます。当日は6~7時間を予定しています。山が変わるとその行程も変わるので一概には言えませんが、ポピュラーな山の一つと言えるでしょう。

TEAM

第5回、第6回のカバキャンプづくりに関わるスタッフ紹介


冨永岳

(とみー

角野善秀

(ツノ)

望月優

(ぼあ)

森蓮音

(デュー)

山本梨奈

(やもりん)


橋詰旺昇

(ジュニア)

堀内日南子

(コニー)

田本朱音

(あかね)

山中勇史

(ターザン)

小巻一歩

(いっぽ)


LOG


画像をタップすると各キャンプの記録を見ることができます

ALBUM