今年はうまくいってると思ったのに、、、

前回に引き続きタイトル通りです。サムネイルがアゲハじゃないですが、アゲハの話です。

みなさんも外から幼虫をとってきて飼育する場合にはお気をつけあそばせ、という話。

 

幼虫の回収

春になって先にアゲハを発見するのはやっぱり幼虫よりも成虫の方。

「あ、今年もアゲハがとんでるなー。忙しくなるぞ。」

と覚悟を決めます。

oranjeには教室を始めたときに植えたミカンのタネが大きく育ち、

いまとなっては葉っぱがもりもりついてるので、

お母さんのアゲハチョウがここに卵を産みつけてくれます。

こんな感じで▼

一週間も経たないうちに、これが孵って大きくなって、またチョウになってどっかに飛んでいく。

とんでく前、幼虫が少し大きくなったくらいで、回収しちゃいます。授業で活躍してもらいますから。

 

タイミングがけっこう難しくって、

・早すぎると葉っぱの調達が大変(新芽とか柔らかいのをあげ続けないといけない)

・遅すぎると天敵に食べられちゃったりする。

 

問題は回収した後

回収したら、はじめは小さなカップ(うちでは味噌カップが多い)に入れて、

そのあと、4~5齢幼虫くらいまできたら、食器乾燥器にいれて飼育します。

 

モリモリ食べてぐんぐん大きくなって、さなぎになったら、

よし、もう後はほったらかしでチョウになるのを待つばかり、、、

と心を躍らせて待つわけです。

ところがどっこい

これがそうでもないんですよねー。

ある日、飼育ケースの中でやたらとブンブンブンブンブンブンブンブンブンブンブンブン羽音が聞こえるんです。

はい、ジ・エンド。

やられた。アゲハヒメバチや。

 

とは言え、

アゲハヒメバチからしても命がけなわけなのでナミアゲハばっかり大事にするわけにもいきませんからね。

まあこんなこともありますな。

 

人間は「自然の中」か「自然の外」か

Bookの方で紹介した「葉っぱはなぜこんな形なのか?」の最終章には、著者の小見出しについての自論がありました。

とっても難しいなあ、と思いますが、

僕らみたいに昆虫、あるいは動物、あるいは植物、あるいは菌類を飼育する立場にいれば、

ここは「確かに、少しでも考えて暫時的なこたえをもっておかないとな」とも思いました。

僕は休みの日には山に入って走り回っていますが、そのときは「自然の中」にいる気分になります。

(ほとんどそんなことはないと思いますが)「今ここで遭難して死んでしまって誰にも見つからなかったら」と思うと、

土に還っていって、誰か(分解者)が分解してくれるんだろうなーと思います。

「そんな大げさな」と思う方もいるかもしれませんが、これ本当にそう思う。

森を走ったり、海に潜ったりするとなんとなく「死」を想像して確かな「個体」である実感を得ます。

 

一方、アゲハみたいに「飼育」すると「外からの立場で見ている感」はぬぐえません

もの扱いは決してしていませんが、それでも「立場の違い」は否応なしに突きつけられたりします。

子どもたちがケースのアゲハチョウを見て、たまに「かわいそう・・・」なんていうのですが、

そのときは実はひっそり少し心が痛かったりする。

 

これに関しては納得するまで考えて行動に移せたらなあと思います。

 

▼今飼ってるアゲハチョウの数はこんな感じ。卵はいくつかの小学校に送られたので何回かガクッと数が減っています。




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了