#Books8 世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?

 

 

今年読んだ中で、良本ランキング上位確実です。

 

なにがいいかというと、次の3点くらい。

■サイエンスとアート(とクラフト)というわかりやすい名札をくっつけてるので読みやすい。

■「経営」の観点で書かれているが、大事な「資質」としてアートを語っているので「経営→教育」と置換しても十分大事といえる。

■とはいえ、サイエンスの資質も十分必要だとしている。



まず、アートとサイエンスという名札をくっつけてるものが、

アート…直感、感性

サイエンス…論理、理性

という説明から入ります。

 

で、これまでの日本の経営で大事にしてたのは、

「正確さ」と「スピード」

つまり、論理と理性でガシガシ進めてけっ!ってこと。

サイエンスの最たるところです。

 

(正確さとスピード? ん?これなんか聞いたことある。)

 

ただ、この戦略には(今この時代においては)致命的な欠陥があることは明白で、

他社との差別化が何より大事な経営においては、

いつか「どん詰まりが来る」ということ。

 

(正確さとスピードを問うのって違うよね、ってなってるの「受験」やん!!)

 

ここ、教育とおんなじで、

これだけ、個々の違いが明らかになってきて、

いろんなところで、統一管理に無理が出てきている中、

「差別化」とは少しちがいますが、

そもそも「あるはずの違い」を認めないで

個人も、社会も、豊かになることはありえなくなりました。

 

そこで大事なのが、それぞれのアート性。

アート性は、ここでは直感と感性でした。

「美しい!」と思うものや

「わ、おもしろい!」とか

「わくわくする!」っていうもの。

 

大事なのは、ここに「ストーリー性」がくっついていること。

「オリジナリティ」とも言っていますが、

要は、

「その人じゃなきゃできないもの・ことがあったからこそできたもの・こと」

という意味での唯一性です。

 

(これ、うまくやったのがSONYのウォークマン、AppleのiPhoneだって話しでしたが、ここ割愛。)

 

つまり、

どういう経験をして、

それをどういう経験ととらえたか、ということを

自分というツールを使って分析しておきなさい。

とでも言われているかのようでした。

 

経験していることに貴賤はありませんし、

その解釈も他人にとやかく言われる筋合いはありませんが、

それがきちんと深められていて、

オリジナリティにまで昇華させられているかどうか、

がカギになっています。



これまでは

「みんなちがってみんないい」

がなんとなくよさそうで、

守るべきスローガンのような扱いになっていましたが、

(▲名実伴わないのはおかしいよ!▲)

 

これからは、

この標語に真正性(ホンモノ性)が

問われるようになってきたということです。



せっかくの冬休み。

家族でこたつを囲んで、ミカンでもほおばりながら

じぶんのすきなことが

なんで自分にとってすきかを話し合ってみてはどうでしょう・・・?

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了