Books#6 遊びが学びに欠かせないわけー自立した学び手を育てるー

「遊びっていいよね~」

「遊びの中から学べたらいいよね~」

「遊ぶように学べたらいいよね~」

 

という感覚はみんな持っていて、

 

「おぉそうだそうだ」

 

と思いながらも、

 

「とはいえ、遊んでばっかりでおバカになったらいやだしなぁ」

 

とちょっとムズムズする。

そんな”かゆいところ”の議論のテーマになりがちな内容を、

ストレートに

「そんなことない、遊びは学びにとっていいんだよ!」

と断言するタイトルの本の紹介です。





私自身の(本書を読む前の)立場について

明らかにするところからはじめましょう。

 

oranjeではけっこう遊びを肯定してます。

 

「普段何して遊んでんのー」とか

「何して遊ぶの好きなのー」とか

「もっと遊んだらいいよー」とか

 

パートナーとの比較的頻度の高いやりとりの一つです。

理由は、

 

・「楽しい」と思うことに素直になってほしい

・コミュニケーション量が増える(そして密かに、しかし戦略的に考えている)

・異年齢同士でも遊べる

・運動機能が上がる

・いろんな関係性の中に身を投じれる

 

など、です。




逆にいうと、これらの要素がないと、

たとえ遊んでいても

 

「うーん、それはちょっと・・・」

 

と思ってしまうこともあります。



例えば、代表的なのはテレビゲーム。

テクノロジーのおかげで、

さまざまな”ありえない”ことを”疑似体験”できるようになってきました



だから、

 

「五感を使わずに遊ぶようになっちゃったじゃねーか」

 

とやや否定的だったんです。





しかし、ところがどっこい

「テレビゲームもけっこういいんだよ」

というわけです。

 

理由は、

・テクノロジーに触れられる

・ゲームの中では自由でいられる

という2つ。



まず、テクノロジーに関しては、

どの時代も常に若者の方がそのアンテナが強く、

使いこなすスピードも圧倒的に早い。

 

スマホを例に見れば、

確かにおじいちゃんおばあちゃんより女子高生の方が使いこなしてる。

「年長だから勝っている」の反例の典型だと思います。



2つ目の理由が、教育・子育てにかかわる人たちには少し耳の痛い話かもしれません。

なぜかというと、

「(ゲームの中では)大人の目から解放されて自由にふるまえる」

から。

 

ゲームをする子どもたちに「ゲームの何がいいか」を調査をすると、

・自分で決められる

・自由

・遂行能力

が挙がったそうです。




そして遊びの良さがここに表れています。

子どもたちは無意識のうちに遊びの良さを語っていたんですね。



つまり、

 

「自分でやりたい!!」

 

ってことです。

 

「自分でやりたいの!!!!!!!」




駄々っ子みたいになったので、

「それってどういうこと?」

ってのをまとめてくれた本文の方から引用したいと思います。



ーーーーー

遊びはいくつかの特徴が重なり合ったものとして定義できます。

①遊びは自己選択的で自主的である。

②遊びは、結果よりもその過程が大事にされる活動である。

③遊びの形や規則は、物理的に制約を受けるのではなく、参加者のアイディアとして生まれ出るものである。

④遊びは、想像的で、文字通りにするのではなく、「本当の」ないし「まじめな」生活とはいくらか意識的に開放されたところで行われるものである。

⑤遊びは、能動的で、注意を怠らず、しかもストレスのない状態で行われるものである。

ーーーーー

 

これが遊びのいいところで、逆に言うと、

この要素がそろっていると「いい遊び」といえるとのこと。

 

うん、納得。




上条件の「遊び」を「学び」に変えても納得できますよね。

他にも、「ここいいこと書いてるよ!」ってとこが

たくさんあるんですが、長すぎるのでこの辺りにしたいと思います。

 

ぜひご一読を!

 

(あ、ちょっと戻るけど、やっぱり五感を使って遊ぶってのは大事と思います)

メディア掲載・受賞

令和元年度京都市はぐくみ憲章推進者選定

私塾界2019.3(疾風の如く)に掲載

右京じかん2017.春(右京がはぐくむ)に掲載




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了