Books#4 生物と無生物のあいだ

 

(NHK Eテレのミミクリーズの監修でもおなじみ(?))福岡伸一さんの著書です。

 

出版から10年以上経っていますが、

読み物としても非常に面白く、

専門的ではありますが惹きこまれるように書かれた内容で、

知識がさほどなくても「へー!」とか「なるほど、おもしろい!」と思いながら読める一冊でした。



一言でいうと、

「研究生活ってこんな感じなんや」

が(楽しそうなとこも、楽しくなさそうなとこも(←ここ大事))如実に書かれている点が

この本のいいといわれているところなんだなと思いました。




印象的なのは、失敗の経験や研究生活の苦難(←ここ大事:再)を赤裸々に語られていることでした。



私たちは、「〇〇が■■を発見!」とか「△△を開発!」とかって聞くと、

その成功談に目を向けてしまうので、苦労されたことにまでなんとなく意識を向けられていません。

 

向けていたとて、

「いろいろ苦労されたんだろうな、きっと」

くらいのもんで、具体的なことには想像も及びません。

 

もちろん、専門的なことがわかるわけでもないので、

ある意味当たり前といえば当たり前なのですが、

そこを「あ、これを知るためにはそういう実験をして、そういう失敗があるんやな」と思わせてくれました。

 

 

ただ、その失敗も悲観的に書かれていないところが好印象です。

「できないことが1つわかった」

「これじゃできないから次あれやればいいや」

とかなり前向きにとらえられている(軽くはない)ところが、

私たちにも研究に対して積極的にさせてくれるところです。

 

そしてその原体験となるようなエピソードがエピローグに書いてありました。

(時間がない方はここだけでも読むとけっこうおもしろいです)

 

 

ーーーーーーーーーー

 

トカゲの卵を見つけた福岡少年。

孵化を試みるべく家に持ち帰りました。

 

まだかまだかと心は早って、いてもたってもいられません。

そして、「卵に小片をあけてそっと覗いてみよう」と、

かたい殻をそーっと割ってみました。

すると、そこにはたしかに誕生まで精一杯の力を蓄えるかのように眠る赤ちゃんがいたのです。

 

それをみるやいなや、福岡少年はとんでもないことを悟ったのです。

きっと、「悟る」という言葉が一番似合うでしょう。

 

 

「自力で殻を破る前の赤ちゃんは外気に触れると死んでしまうんだ」

 

ーーーーーーーーーー

 

福岡先生はこの体験を「澱(おり)」と表現し、

このセンス・オブ・ワンダーは生物学者になった今でも自分にとって忘れられないものとなっている、

と明記されています。

 

 

お子さんたちはこれから

夏休みに入り、宿題の大きな山場”自由研究”をすることになると思いますが、

まずはこんな原体験になるようなことを経験されてみてはいかがでしょうか。

 

そして、 あくまで”研究”と名のつくものを経験するには、

”失敗”と思われるものも平等な1つのデータとして扱う心構えで挑んでみてはいかがでしょう・・・。

 

 

もちろん、oranjeのふかまりコースでは、そこを日常的に実践しています。

今年の夏はこれまでにない研究生活を一緒にしましょう◎




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了