知的生産の技術

今年、生誕100年を迎えた梅棹忠夫さん。

元々動物生態学の出身だそうですが、その後民族の方にシフトされたイメージが強いです。

(そして、実は友だちのおじいさま)

国立民族学博物館の初代館長さんも務められましたが、

そんな梅棹さんが「考えるってなにすりゃいいんだ?」って問いに答えてくれるような本でした。

Fコース、Hコースともに有用な発想が書いてあったのでちょっと新しいこと始めて見ようかなあと思います。

「知的生産の技術」とは

「学校はある意味で教えすぎていて、ある意味で全く教えてくれない」的な文章からはじまりました。

どういうことかと言うと、

「知識」や「問題を解く方法」は教えてくれるけれども、

「知的なものを生産する技術」は教えてくれない、ということ。

 

「タイトルまんまやんけ」と、まだまださっぱりですが、

「知的なもの」というのは、考え事全般のことのようです。

それは研究であったり、学習であったり、日常生活の考え事だったりするわけですが、

そういうものを生産する(=知識として成立させる)ための技術(=どうするか)については、

全く教えてくれないのが近頃の学校だと言っています。

(近頃と言ってもこの本の初版が1960年代なので、「あー学校ってあまり変わってないんだな」というのがいろんな意味でショッキングでしたが、まあそれは置いといて。)

研究者になったときにも、「そういやそんなこと教えられてないな」と思ったらしいです。

とにかく何でもかんでも記録に残す

本文中にもありましたが、

かの有名なレオナルドダヴィンチは思いついたことをそっこら中に記録として残していたそうです。

で、若かりし(高校生くらいの)梅棹さんは友だちと「天才ってこうやってたんや!」ってテンション上がって、

メモを取ることにしました。

本当になんでもかんでも。とにかく残した。

 

しかし、梅棹さんは思いました。

「これって研究とかの資料にはならないよな」

と。

で、ここから、

「どういう風に活用するか」

「どうすれば自己満足ではなく使える記録にするか」

「メモを資料にするにはどうすればいいか」

を考えてかたちにしていきましたよー、というのが本の内容。

まさに、

知的なものを生産するための技術を記したわけです。

 

これはほんとにおすすめなので読んでみてください。

国立民族学博物館にいってきちゃいました

本読んで、「これすげーっ!」とテンション上がったので、

たまたま国立民族学博物館でやっていた「知的生産のフロンティア」にも行ってきました。

「知的生産の技術」を読んでいたので、

さらっと見た感じでは内容的にとてもかぶっていました。

が、梅棹さんの生メモを見れたのはむちゃくちゃよかった。

メモを「忘却の装置」って言ってたのもかっこいい、、、

oranjeの図書棚にもありますし、

こんなにいい本が1000円足らずで買えるのでぜひおすすめです。

(画像クリックでAmazonのページにジャンプします。)

 

なんか、まわしもんみたいになってる、、、笑

メディア掲載・受賞

令和元年度京都市はぐくみ憲章推進者選定

私塾界2019.3(疾風の如く)に掲載

右京じかん2017.春(右京がはぐくむ)に掲載




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了