葉っぱはなぜこんな形なのか?植物の生きる戦略と森の生態系を考える

タイトルの一部に「戦略」とか「生態系」とか書いてるうえに、

そもそも「葉っぱはなぜこんな形なのか?」って問いを投げかけてるので「ちょっとお堅いのかな?」と思ったそこのあなた!

まっっっっっっっっっっっったくそんなことないので読んでみてください◎

読書慣れしてる方なら一日で読めちゃうくらいすいすいいけます。

(僕はちんたら読んじゃうので4日かかりました)

自由研究の指南書としてもGOOD

この本(というか著者さん)のおもしろいところはその肩書き。

(あ、別に肩書きを重視してるって意味ではないです)

著者プロフィールを見てみると一番初めに書いてあるのは「樹木図鑑作家」。

次いで、「編集デザイナー」、「ライター」。

とにかく「研究者」を名乗らないんですね。

中を読んでみても、

「僕は専門的に研究したことがないので、、、」という趣旨の前置きがちょこちょこあって控えめ。

 

別に研究者じゃなくても、「問いに対して答えを出す」ことに違和感はないですが、

それなりに根拠を持って示すにはそれこそそれなりに時間を費やさないと難しいなあという実感もあるわけです。

で、読んでみると、林さんは、、、

10万枚

を自らフィールドワークに出かけて採取、分類、同定したようです。

こりゃたまげましたね。

僕も「特に、100に意味はないけど、100(回、個、種類などなど)やってみようか」と思うんですが、

10万とは恐れ入りました。

 

図鑑作家だから当然でしょ?

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

この人の場合、職業ありきでなく、膨大なサンプルをとっていたので、むしろ

「本当にすきなんだなー」

しか思わなかったです笑

 

ほいで、それが「たまたま」仕事になりました、って本にも書いてありました。

自由研究がストレートにむちゃくちゃうまくいったパターンだな、と思います。

科学読み物としてもGOOD

「なぜ?」という問いはそもそも論を語るので、

生物を対象とすると、否応なく進化に触れないといけないかと思います。知らんけど。

 

僕の個人的な話ですが、

生物を高校の時からずーーーーーーーーーーっと勉強したことがなくって、

教員免許取得のために少し授業をとったくらいで系統的にもあんまり知識はありません

 

だから、「なぜ?」という問いをガシガシ科学的根拠で詰められると、

「理解できるかな、、、」とたじろぐところだったんですが、

まったくそんなことはありませんでした。

 

・問いまでのストーリーがなめらか

・問いに対する説がほんわりしてる(で、複数出してくれてる)

 Lその問いの中に自分が思いついたのも入ってる

・スケーリングが上手でマクロとミクロの視点を使い分けてる

・環境も網羅していて大きな話としてオトしてくれてる

 

このあたりがドカンッというテーマをまろやかにしてくれる要因なのかもしれません。

ほんとに気兼ねなく読めましたよ。

夏休み前の今おすすめの一冊です

別に回し者じゃないので激推しする意味もないんですが、

これは本当におすすめです。

とはいえ、200pくらいあるので、小学1,2年生にはきついと思います。

本好き、植物好き、動物好き、森林・山好きなら3年生以上から、

高学年からはちょっとがんばれば読めるものだと思います。

(和歌山県の高校受験にも使われていたので中学生が最適なのかな?)

 

保護者さんにもぜひぜひオススメなので、

oranjeの図書欄からもってってください◎

自分のがほしいなって人は写真をポチして買ってみてしてください▼

(アマゾンのページにとびます)

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了