無意識の構造

太字をタップするとリンク先にジャンプできます

もとは100分de名著「善の研究」を見て、

「あーーーーー、oranjeにあるのってこれや!」

と思ったのがきっかけで、

そこで参考文献みたいなかたちで紹介されていたのが、

「無意識の構造」

でした。

 

「善の研究」は西田幾多郎ってひとが、

西洋から入ってきた「哲学」に、「日本オリジナルの哲学を」と

禅やらなんやかんやを解き明かして自論化したものです。

ま、ここでは、触れずに行きましょう。

(「純粋経験」がキーワードだと思いました)

 

「無意識の構造」は河合隼雄っていう、

京大名誉教授で、日本人として初めてユング研究所にてユング派分析家の資格を取得し、日本における分析心理学の普及実践に貢献した(wikipediaより)ひとが書いた本。

 

ユングは名前は聞いたこともあるかもしれませんが、

世界でもっとも有名な心理学者の一人。

ユング、アドラー、フロイトといえば、

「あ、聞いたことある」

という方もいらっしゃるのでは?

特にアドラーは数年前「嫌われる勇気」で有名になったりもしました。

 

アドラーとフロイトは同世代で、

ユングはフロイトの弟子、河合隼雄はまたその弟子ってことになるのでしょうか。

弟子って言っても、上下関係ないくらいみんなすごいひと。

 

 

アドラーは「自分は自分!今の自分は自分がつくりあげてきたんだ」という主張に対して、

ユングは「共同体の中の確かなひとりとして自分はいるんだ」という主張。

 

oranjeの雰囲気からすると一見アドラーっぽいんですが、

ユング系の河合隼雄の「無意識の構造」を読んでみると

「あーーーーー、oranjeにあるのってこれや!」

ってなりました。

本の中身は自己とか自我ってなーに?っていうのを無意識という視点で切り込んでます。

個人的におもしろいなーと思ったのは、

■「経験できなかった、あるいは今できていない像としての自分」=影

■起こったことをどうしても因果律にすがってしまうけどもそうではなく全体としてアレンジされてる

■一見無活動で身体的には退行していても、心的エネルギーとしては無意識に還っていっている

■ユングの無意識の構造は西洋的には理論的に詰め切ったところにあるが、東洋的(あるいは日本的に)は完成されたすがたとして人びとに浸透した発想として備わっている

あたりでしょうか。

 

僕らの支援の仕事もいろんな視点で話すことはできるんですが、

■そのひとの闇の部分を探す

■「めんどくさいなー」って思うときもあるよね

っていうのがスタンスの一つだったりもするので

その辺がパシーっとはまりました。

 

ま、一度読んでみてください◎

後半がまとまって書かれているので

そこだけでもいいかと思いますよー◎

 

 

Amazonはこちらをポチっと▼

 

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了