「武装」から「変容」へー新指導要領の視点ー

どうも、この時期やっぱりハラハラドキドキしている冨永です。

 

oranjeは毎年この時期、体験会を実施してます。

そう、チョコづくりね。

新しいパートナーさんと出会えるこの時期、やっぱりドキドキするものです。

 今年は、去年生まれた「DEC」として企画を進め、

「問いを発見する」前仮説段階を経験する、「自由研究の第一歩」としてみなさんとワーワーやってます。 

ワーワーやってるんですが、

ワーワーやる前に、ご参加いただいた保護者の方には、

oranjeの説明会にご参加いただいています。

「oranjeって『オラニエ』って読むんですよ」とか

「表彰なんかされちゃったりなんかして、全然あやしくないですよ」とか

まあそんな調子。

教育転機の2020年

なんといっても今年は新指導要領が全面施行される年なので、

(2017年に改訂されてここまでは移行期間(小学校))

「そのあたりのこともやっぱりご説明しなきゃ!」

というナゾの使命感から、そのあたりのことからお話ししています。

変わるよーって言われると、

「え、なになに、なにやらなあかんの!?」

ってなると思いますが、項目としてはこれ▼

■英語 ■プログラミング ■言語能力 ■消費 ■主権 ■文化 ■道徳

(個人的には言語能力が入ってるのがナイス!って言いたいけど、粒感が違うせいか、あんまし注目されてないのがショッキング)

 

習い事業界にいると、

英語、プログラミングは本当によく聞く。

(保護者さんの関心ごとも上2つはよく聞く)

 

武装的なこれまでのメインの教育

ただ、さっき挙げたあたりは、

スキル・知識のあたりになるので、

「持てる(身につけられる)かどうか」の話し。

 

で、要はこれ、

問い(解決しないといけない向かってくる”なにか”)に対して、

何を武装するかということになります。

 

例えば、のび太くんとドラえもんの関係で言えば、

のび太くん(これまでの子ども像)はとにかく「知らない」「できない」の象徴なので、

ドラえもん(これまでの先生像)がドンドコドンドコ秘密道具を貸してあげて

一時的にのび太くんをパワーアップさせてあげてる。

つまり、のび太くんは困りごとが出たときに、

「これに困ったからアレかしてほしい」

「どうすりゃいいの、助けてよ」

って言って、とにかく秘密道具をせびるわけです。

たまにむちゃくちゃたくましくなるのび太くん

ただ、秘密道具を貸してもらった回は、

のび太くんは失敗してたり、反省してるシーンで終わることも少なくない。

(最近のアニメはどうなってるか知らないけど、コミックはそうやったと思う)

 

つまり、のび太くんは

秘密道具を貸してもらう前と後では質的には全然変わってない

んです。

 

そんなのび太くんですが、

たまーに、たくましい顔を見せるときがある。

そう、劇場版では一味違う。

 

説明会では「のび太の恐竜」の話しをします。

スネ夫に意地悪されて化石を見れなかったのび太くんが「全身の化石を見つけてやる」って言っちゃって、運よく見つかった卵を孵した後、きちんと育てて太古の世界に連れ戻してあげるって話。

 

このときは、のび太くんなんでもかんでも自分で考えた通りに動いてて、

ドラえもんに泣きつくこともなく

(はじめ泣きついたんだけど「できることとできないことの判断くらいちゃんとしろ」って突き放された)

ほぼ全てを自分の力でやり遂げました。

(まあタイムマシンは使ったけど)

 

 

つまり、ドラえもんから一撃必殺の秘密道具を借りることなく(=武装してもらうことなく)自分が発見した課題を解決した

これはいつもののび太くんのようすとはやっぱり全然違う。

 

新指導要領では、(いきなり話が戻った)

どう学ぶか、という視点で、

主体的に対話的に深く学びなさい、ってあるんですが、

ピイ助(のび太くんが育てた恐竜)のしあわせを考えて実行したのび太くんはまさに新時代的な学びを実践していたのです。

 

未来から来たのび太くん

「ドラえもん」はドラえもんが未来からやってきた設定ですが、

これまで話してきた視点で見ると、実はのび太くんの方が未来から来たんじゃないかと僕は思います。

 

新指導要領の「主体的で」「対話的で」「深い」学びも、

のび太の恐竜で考えるととってもイメージしやすい。

単に、お勉強的なことの理解のためにするんじゃないよ、ってこと。

知っている知識とかスキルをきちんと転用して、

超個人的な問いを解決しながら、

そういうことに前向きになれるような変容をしていきなさいよ

っていう内容だったわけです。

 

武装ではもはや足りない。

質的に(自分で自分を)変えるような機会をつくることが我々のすべきことかなあ、と思います。

長くて疲れたのでじゃあどうするかってのはもうやめときます。




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了