Books#1 子どもの脳を傷つける親たち

今日は、本の紹介をば。

 

タイトルは【子どもの脳を傷つける親たち】というなかなかショッキングなもの。

作者は、友田明美さんという方で福井大学で子どものこころの発達研究をされている方です。

 

キーワードはマルトリートメント(Maltreatment)。

タイトルからも”虐待”をイメージできますが、虐待に限らず、”不適切なかかわり”全般を示しています。

 

つまり、明らかにわかる「暴力」だけでなく、

・無視(ネグレクト。これも比較的有名な話)

・性的虐待

・夫婦喧嘩やDVの被害及び目撃

なども含まれるわけですね。

 

 

これが、単なる「こころに傷を負うことになるからダメです」って話にとどまっていると、

「なんや、まぁそらそうやん」で終わるのですが、

 

 

この本の強い訴えは、

 

「脳が物理的に変化する」

 

というところでした。

(MRI的なごっつい機械でとった写真なんかも載ってます)

 

 

『物理的に』ってところが目からうろこで、生存のための適応による変化だそうです。

脳が(例えば)「この過酷な状況を乗り切るには、○○をもっとおっきくせなあかん!」とかいって形を変えちゃうわけですね。

 

で、これもポイントだと思うんですが、

「脳が変わる」と「行動も変わる」ということ。

適応の結果ですね。

 

 

ただそれが、

・第3者に対して暴力的になる

・自傷行為に及ぶ

・言語に遅れが出る

などといった、社会適応の面では難しい形であらわれてしまうのがやや厄介なところ。

 

もちろん、それはその子が悪いわけでもなく、その子が「○○してやろう!」と意図してやっているわけでもないんですね。

 

脳の構造的に、あるいは、生化学的な作用のせいで、

そう”なってしまっている”

だから、その子にしたら”ふつう”のことが反社会的行動になってしまうのでつらい。

 

そういう現状があるということでした。

 

 

 

 

さらにここからもう一歩。この本の教訓は、

「だから、マルトリートメントがよくない」ということではないと思いました。

 

ほんとは(たぶん)こっちが教訓▼

「行動は脳によるもので、脳はそれぞれ人によって違う」

ということ。

例えそれが、マルトリートメントを受けていようと受けていなかろうと。

 

 

ここからoranje流の話しになっていきますが、

今この時代では、「多様であること」がとても強調されています。

 

ただ先ほどの教訓にある通り、脳はそれぞれ違うんです!

 

もう一度言います。

 

!!脳はそれぞれ違うんです!!

 

(多様性を強調する今の時代にピッタリやーん◎)

 

 

だから、妙に特別なことをしなくても、

・脳が違うということを少し強めに意識し、

・それぞれのこだわりや”すき”を心地よくしていくよう支援する

ことがこれからの教育の在り方だと思います。

 

 

間違っても、こどもの【努力・根性・気合】だけを頼りにガンガン時間をかければいいってだけではないことにお気を付けください◎

 

 

ということで、ここらで本の紹介The Firstを終わりまーす。

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了