1に体力! 2に体力! 3,4がなくて、5も体力!!

更新自体がだいぶご無沙汰になってしまいましたが、その間もいろいろとありました。

そして、新しい発見も。というか、「前言ってたこれって、こういうことや!」みたいのです。

 

 

最近誰とoranjeの話をしても、

「ゆるやかに」というキーワードをやや強調しながら話しています。

 

それは、当ブログ【”すき”なものさがしのジレンマ(11/4)】でも触れた、小学生の多忙化問題を発端として、

「なんでゆるやかな時間が必要か」という問いに自分なりに解を出せたからです。

 

はじめは

「もっとゆったりすれば、いろんな隙間ができていろいろ考えられるし、いろんな経験をさせることもも良し悪しだなぁ」 

程度の感覚だったのですが、あるパートナーとのやりとりによってほんの少し体系化できたのです。

 


 

あるはじまりコースのパートナーとのやりとり。

このパートナーは、けっこうおしゃべりが好きで、なんでもいろいろ話して教えてくれたり、

学びの時間も、こちらの「なんで?」「どう思った?」(などなど、反射的に答えられないような問い)に

かなり辛抱強く「あぁ言えば、こう言う」で返してくれていました。

 

そのパートナー、習い事を増やしたみたいで、(彼なりに)忙しく、体力的にもきつい生活になってきたようです。

そしたら、しばらくしたある日の学びで、いつものように「なんでなん?」「なるほど、他になんかあるかな?」みたいな問いを投げかけると、

「知らーん」「わからーん」でサラリ、サラリとかわすようなやりとりがありました。

 

「今日はいつもと違うね、調子悪いの?」なんて聞いても本人には自覚はないよう。

「まぁそんな日もあるか」くらいだったのですが、お母様とそのエピソードを話していると、

「あの子最近忙殺気味で・・・」なんて仰ってました。

 

生活全体のことなので、何が起因しているかはなかなかわからないことではありますが、一つの要素にはなっていると思います。

そこで、タイトルにかえってきますが、気づいたのは「体力」が必要だということ。

 

 

ただ、ここでいう体力には2通りあります。

からだ的体力とあたま的体力 

 

イメージ的には『体力』っていうざっくりしたゲージをみんなもってて、

それを何%かずつ配分しながら何かしらの活動をしている。

で、疲れるとゲージそのものが小さくなっていくイメージです。

 

 からだ的体力を使うと、あたま的体力にまわす体力がなくなるので思考が停滞気味になる。

 

 

 逆にたっぷり考えた後は、へとへとになって「もう遊ぶのもいや」みたいな状態になる。

 

 

だから、

「適度な運動で頭が冴えてくる」

っていうのはそれぞれどんなバランスかわからないけど、自分に合った程度で運動をしているので、

どちらの体力も最大化されている状態になって、からだもあたまもスッキリする!ということ。

 

だから、まさに〈適度〉。

 

 

逆に言うと、この〈適度〉を知っていれば、問題を打破しやすくなると捉えることができるかもしれません。

 

 

ちなみに、このゲージそのものを大きくするのが、トレーニング。

からだ的体力は言わずもがな、

あたま的体力も「もうこれ以上何も出てこない」状態まで到達すると頭が疲れて、

そのあとじっくり休むと体力になってムキムキになる。

 

だから、oranjeでは、省察以外はかなりゆるやかな時間の中で学び、基本的には「たのしい」と思うことをやり続ける

ただし、省察ではとことんツッコんで「もうこれ以上でない」状態をつくる

で、また楽しく活動しているうちに、体力が回復してムキムキに。

そしてまた疲れるまで頭を使う→楽しむ→・・・のループを創ってる。

 

 

「あぁ~そうやってうちのパートナーは学んでいくんだ」

と、わかっていたけど「そうやったんか」と気づかせてもらえるエピソードでした。

 

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了