【アゲハチョウ記録vol.12】次から次へと出てくる疑問

前回の記録で、なんだか知らないけれどアゲハの幼虫がおっきくならない、という疑問が出てきました。

 

なんとなく、元見ていたでっかい幼虫に戻したいなーと思ってたので、出窓での飼育方法とパックでの飼育方法を比べてみるところから始めました。
■空間(運動量)の違い(出窓→広い、パック→狭い)
■エサの供給量の違いの違い(出窓→ミカンの枝をいただいてそこに幼虫がいた、パック→葉っぱを数枚)
■空気の対流量(なるべく自然状態に近づけようと思うと、パックでは対流がないので空気がこもります)
■外部の気温変化(8月26日?、京都市内では少し気温が下がりました。アゲハチョウは暑すぎるとダメなんです。)

 

ぱっと思いつくのはこんなもん。
やっぱいっぱい食べへんとおっきくならんのかな、と思って餌供給量を増やすことにしました。
ただこれ、「あんまり影響ないんちゃうかなー」と思ってたんです。いっつも食べ残しがあったので。
「全部食べろよ、もったいないやんけ」と思ってたんですね。

 

「まぁとりあえず、もっといっぱい入れたろ。食べんかったらもったいないけど、ちゃう方法考えたらいいわけやし」とこんな感じ。

 


そしたら!それはもう食べるわ、食べるわ。
「こないだまで食べきってなかったやんけ!」のツッコミはまぁ当然ですわな。
でも、今回もお残しがあるにはありました。最後まで食べきらないんですね。全体のうち、ちょこっとだけいつも残す。なんでやねん。


でも、体長は大きくなりました!

数見てみないとわかりませんが、これはおそらく仮説としてあっているのでしょう。

 


とりあえず、摂餌量と体長は(たぶん)関係があるのですが、
つぎは、この【いっつもちょっと残す】が気になりますね。

調べてみたいと思います~
(でも、もうぼちぼちアゲハが減り始めるからやばい!笑)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    chuwan (火曜日, 26 9月 2017 12:24)

    アゲハチョウ(特にナミアゲハ)は何頭も飼いました.幼虫の時に体の小さいのもいましたが.蛹からチョウチョになるとそれ程大きさは変わりませんでした.写真で見る限り,我が家で買っていたアオムシと比べると大きさは真ん中程度です.心配要らないと思いますよ.今は彼岸花が咲いている地域が多いようですが,急激に寒くなると蜜の吸える花がなかなか見つからず,大変かも知れません.我が家の経験では,10月中旬に蛹になったナミアゲハは6カ月後の春に羽化しました.春の子で小さめでした.夏の子よりたくさん毛が生えていて可愛かったですよ.

  • #2

    みみ (土曜日, 13 4月 2019 21:54)

    やっぱり毛がありましたか?
    秋の子を羽化させましたが、早すぎて寒い時期でした。
    何だかそのための防寒のように
    羽根に毛が生えていました。モフモフで可愛かったです。




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了