雨ニモマケズ、風ニモマケズ/宮沢賢治とoranjeの共通点

雨ニモマケズ、風ニモマケズ・・・夏ノ暑サニモマケヌ・・・


ということで、最近は、雨が降ろうが暑かろうが、
”もしも夏休み、アレに悩まずに済んだら。”という名の、
「夏休みの自由研究の宿題をoranjeでやっちゃおうゼ!」企画のチラシを配りまくっています!

 

学区としては、御室・宇多野・常盤野・大将軍・金閣・仁和あたりのお宅に投函しました。
もちろん、前述学区外の方もぜひ、ご参加ください!
間違いなくこれまでにない夏休みの充実した過ごし方になりますので◎

 


ところで、冒頭の「雨ニモマケズ~」のくだりは、
有名すぎて誰の詩か、みなさんご存知ですよね?

 

そう、岩手が生んだスーパー童話作家・詩人の”宮沢賢治”さんです!

 

先日、NHK教育テレビの知恵泉を見ていたのですが、
そこで今の時代を生きる知恵として紹介されていたのが、
「”好き”こそ苦しみと生きる道」と題した賢治の一生でした。
(http://www4.nhk.or.jp/chieizu/x/2017-06-13/31/27501/1494150/)

 

実は彼の作品の数々は没後やっと注目されたのですが、
生前は悩みや苦しみの連続で、その苦しみと向き合うために童話・詩づくりをしていたそうです。

「きっと肯定感を得たり、生き方を探っていたんだろうなー」なんて見ていました。

 

oranjeで自由研究を推しているのは、まさにソコなんです。
自己肯定感や自分自身を深めながら、これからの時代を豊かに生きていく世代を育もうと思い立ち、
それができるのが、自由研究だと、確信をもってスタートしました。
(なぜ、自由研究でそこを育めるかは、また次の機会にしたいと思います。)

 

”好き”をみつけること、それを深め切ること。
それがoranjeにはあります。
新しい時代の新しい学び方を一度経験してみませんか?

 

興味を持った方は一度ご連絡ください!

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了