【アゲハチョウ記録vol.6】アゲハは寒いのが苦手?

ここ数日、朝・夜冷え込む日が続いていますね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

ここ1週間くらいで、アゲハを出窓に移しました。
理由はいろいろありますが、ここでは割愛します。

 

今日は、冒頭の”気温”の話。
最近は昼間も30℃まで上がることは少なく、
夕方から涼しくなって19時ころには20℃を下回っています。
平年よりも5℃くらい低いようですね。
ということは、1か月くらい遡る(5月上旬)とちょうどくらいかな。
(参考https://weather.time-j.net/Stations/JP/kyoto)

 

当然出窓のアゲハの”住処”もそれくらいの気温になっています。
いま幼虫が11匹、蛹が前蛹を含めて4匹いますが、心なしか元気がないような…?
考えた根拠は次の通り。

 

・餌の量が減った(以前の供給ペースが必要なくなった)
・蛹(幼虫)の期間が長い
(・運動量が減っている)

 

いずれも詳しく測定しているわけではないのですが、感覚的に、です。
ここで、5月上旬のアゲハの様子はというと、本ブログでも記録している通り、
ちょうど街中でもちらほら成虫を見かけて、産卵を確認(初)できるくらい。
要は、出始めくらいですね。だからアゲハとしても「これからちょうどいい季節やなー」と思っているころでしょう。
(アゲハは25~30℃くらいがお好きなよう。)
そう思うとそこまでおかしくもないのかなーとも思います。

 

ただ、飼育している以上、元気で成虫にまでなってほしいとも思うので、
せめてもの抵抗ということで、昨日(6月12日)から湯たんぽを置いています。
まだ1日しかたっていないので、効果のほどはわかりませんが、しばらく観察を続けてみます!
(比較のデータがないので、きちんと効果が図れるわけではありませんが…)




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了