「ふつう」ということ

はじめての更新になります。
今回は、「ふつうである、ということ」についてです。

 

この話は、よく耳にする、
「ちょっと変わってるね」とか
「あのひと独特だね」とかって
言葉から端を欲しています。
(いずれも悪意はなく、一種の誉め言葉として使っている場合が多いと思います。)

 

これもなかなか見過ごせないところなのですが、
それよりも私が違和感を持ったのは、
それを言われた側、あるいは傍から見た側の話です。
(大学生くらいのひと同士が話しているのを見ました)

 

「選択の科学(シーナ・アイエンガー)」には
「ひとは他人とは違った反応を好んで選択する」という
経済学の視点からの研究結果が示されていました。

 

今回の話もそこに少しふれるなぁと思います。
「変わってる」とか「独特だね」とか言われることに
やっぱり少し憧れたり、うらやましい気持ちがあるということ。

 

で、oranjeでは自由研究をたくさんしてもらうのですが、
基本的に自分のこだわりやすきなものを深めていきます。
だから、その研究を少し話しただけでは、
表面的にはひとに伝わりにくかったり、あるいは表面的にしか理解できない場合がよくあります。

 

先日の大学生くらいの話では、
「伝わらないのは、自分が独特で変だからだ」って少しうれしそうにしているわけです。
しかも、それでわかりにくい部分を省いたり、あきらめたりする方に向きながら…。

 

私自身の話では、「変わってるね」とか言われることは少なくありませんでした。
が、私としては「だれよりも最もふつうだ」という主張をはじめからしていたのです。
(そこが変だと指摘されたこともありますが笑)

 


ここから教育の話になっていきますよー◎
最近「省察」という言葉がキーワードになっています。

 

これは具体的に何をしていくかというと(私の解釈です)、
「表面的に出ている部分からその人の”すき”や”こだわり”がどんなものなのか」
を徹底的に深めていくための対話です。

しかも、これは日常的に行われるのがいいように思います(経験的に、ですが)。

 

要は、省察ってのは「”変わっている”を”ふつう”」にしていく営みなのかなぁ、というのが最近の気づきです。
この発想・丁寧な営みがない限り、
「他人から自分」・「自分から自分」にする”枠決めの教育”
から脱することはなかなか難しいのかなぁとも思います。
まぁ枠決めをしてもらうと一時的には楽で行動的にもなるのですが…。

 

ここから広がることは山ほどあるのですが、
十分に長くなったのでここらへんで…。

 

oranjeでは、自由研究ベースで省察によって深める学びがあります!

興味のある方はぜひご連絡ください◎




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了