自由研究は「意味のないことをやってこそ」自由研究だ

ここのところ発見が多くてうれしいです。どうも冨永です。

 

さて、毎年卒業生たちは、自由研究全体を通して悟りの境地を開いていってくれるのですが、

今年もまた新しい悟りを啓示してくれました。今回はそのお話し。

 

前提として、みんながやってることは全く意味がない

トんだ見出しから入りますが、安心してください。最終的には「意味あります」っていいますので。

出典が古い、、、

 

今年これから卒業していくパートナーのテーマは「キャベツ」。

真っ二つに切ってみたところその瞬間からキャベツが「膨らんで」元の形に戻らなくなったことから始まりました。

だから、「これってどうなってんだ?」ってことで、

来る日も来る日もキャベツを真っ二つにして観察を続けては、条件を変えて再実験してたんです。

 

大体こんな感じなんですが、

これ自体が「将来何に使うんだ」とか「これがどう役に立つんだ」と言われても、

「まあ、あんまり意味はないですね」

としか答えようがありません。

 

他のパートナーたちを見渡してもこんなのばっかり。

「これやってて意味あるんすか?」

と聞かれても、

「まあ、あんまり意味はないですね」

しか本当に出てこない。

 

「わかりやすさ」と「市場価値」、それと「アート」

ところで、先日大学にあそびに行くと同期が大学院生として戻ってきてました。

暇そうだったので延々としゃべってたのですが、そこで美術作品の話になりました。

おもしろいなと思ったのが、「わかりやすさ」と「市場価値」のこと。

なんてことはない、「わかりやすいとみんなに買ってもらえるから市場ができてそれが価値になってる」って話。

 

みんなが、

「あ、これ便利、使いたい」とか

「いいな、おれもほしい」ってなったら、

買っていくから、その市場がのびる。

意味わからんくなくて、みんなが「わかるぅ!」って言える。

みんないいと思ってる

 

一方で、アートってのは、

「まあ、いいと言われたら確かにいい」

「〇〇が言うなら、いいような気がしてきた」

って感じですごいいい加減。

へたしたら、

「あんなん落書きやんけ」

って人もいるかもしれない。

「わかるひと」「流されるひと」「わからないひと」に分かれる

 

実は、僕の修士論文は、「アート性」ってところに着目して、

教育はサイエンスじゃなくてアートなんや、っていう解釈で進めました。

(長くなるのではしょりますが、)オチは、

「個人の経験はさまざまだけど、その経験が、ある問題を解決したり、ものをつくったりするのにヒントになってる」

というもの。

それぞれの経験って、わかりにくくてまさにアートっぽい

 

時代との整合性は教育考えるうえでけっこう大事

基本的に、「まなび」と時代はフィットしないといけない

高度成長期にはひたすらインプットすることが大事だったので、そういう教育がされました。

先が見えやすい成長をしていたので、それでよかったわけです。

 

一方、いまは、

くしくも新型コロナウイルスで、ほぼどんなひとにもわかりやすい形として現れたグローバル化に個人のレベルで直面しています。

これくらいの不透明さはきっとこの先しばらく続きますし、それをひとりひとりが乗り越えないといけない。

 

いわゆる「正解のない社会・世界になった」わけです。

 

この世界では、明らかにわかっている答えにそれほど価値がなくなりました

(そういうものは調べてすんじゃったり、それだけだと人びとがハッピーにならないから)

 

だから、個別のストーリーにのっかったなにか、が重宝されるわけです。

困ったことに(困ってないけど)、

個別のストーリーの色合いが濃くなるほどアート性が強くなるので「わけわかんなくなる」けど。

 

それでも「意味ないこと」をやり続けるのは、意味を見つけることが今の学びだから

冒頭にかえりますが、

今年卒業予定のパートナーはここをクリアにしてくれました。

つまり、

「そんなのやって意味あるの?」

をやり続けて、

「こんな意味が出てきたよ」

という発見をしてくれた。

 

つまりつまり、

超個別の経験から生まれたアート性の高い活動から、

「みんながしたい」と思えるような「それをやる意味」を見出してくれたのです。

 

これはもう機会主冥利につきる。ありがと。

★まとめ★

メディア掲載・受賞

令和元年度京都市はぐくみ憲章推進者選定

私塾界2019.3(疾風の如く)に掲載

右京じかん2017.春(右京がはぐくむ)に掲載




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了