まなびの機会としてのボードゲーム

みんなが毛布を出すように、テントを出してそこで寝てます、どうも冨永です。

 

さて、自由研究を支えるイベントとしてoranjeにはいろいろありますが、

はじめて「ボードゲーム」をそれの一環で行いました。

レッスンαという「ことば」の機会の中での一幕でしたが、率直に「これはいいな」と思う一日だったので、振り返っておきます。

(興奮しすぎて写真撮るの忘れちゃいましたから、文字ばっかです。すみません、、、。)

まず、何と言ってもたのしい

自由研究をやる教室としては、欠かせない「たのしさ」。

ゲームと銘打つだけあってさすがにこれは担保されていました。

みんなたのしそう。

外あそびしてる(nature)とか、

料理してる(DEC)とき

の笑顔と似たものがありました。

第一基準としてクリア

目標がわかりやすい

ゲームのいいところは「勝つ」のがわかりやすい目標になってるところだと思います。

自由研究は、なかなか先が見えづらい中で、「あれかな、これかな」と模索していくような形なので、ちょっと性格が違っていいかなと思いました。

これが次の「考える」ことの道筋の立てやすさになっていたと思います。

ゲームの性質を理解しようとし、考えている

ボードゲームといえばドイツ!かどうかわかりませんが、

今回あそんだものの中にはドイツ(メビウスって会社)製のものがありました。

で、その系列のゲームは得点する方法が何パターンもあったり、

自分はどれがやりやすいかによってもけっこうプレイスタイルが変わってくる。

それからそれから、投資っぽい発想も必要だったりで、難しい。

実際僕もしばらくはルールを把握するのにけっこう時間がかかりました。

 

いちいちルールは説明するんですが、

「とはいえ、やってみないとわからんから一回やってみるか」

ってはじめます。

今回はたまたまやったことがある子たちが来てくれたので、そこはショートカットしましたが、

それでもやっぱり「あれ、どうやっけ?」ってのはある。

 

終わってみて「作戦、どんなだったの?」って聞いてるとそれぞれ話してくれました。

ルールを理解してる範囲では有効な作戦だったり本人にとってやりやすそうな方法で勝ちを目指してました。

逆に、把握しきれていない部分に関してはほぼノープラン。

というか、触れてすらいない笑

 

でも、必死に考えてたんやな―っていう跡は見えたのでいい機会になったと思います。

はじめに「自由研究を支えるイベントとして」と書きましたが、

「論理だてて考え、言語にしてみる」というところでの相性も随分いいと思いました。

不定期開催するのでみんなきてね^^

今回のことを踏まえて、いろいろと授業として作り直す部分はありますが、

機会としての可能性はとってもあるんじゃないかなと思います。

私たちが「レッスンα」でやりたいこととも一致してるし。

 

11月には「研修」と称してボードゲームであそびにでかけてきます。

おもしろいゲームでたくさんあそんで、情報を仕入れて、ドカッと買っちゃおうと思うので、

みんなもいっしょにあそびましょう。


さてさて、

ボードゲームが正式に企画になったり、まなび場としての研究もまた一つ進んだところで4周年を終えることができました。

それもこれもoranjeのまなびの機会に参加し、場づくりをしてくださった方のおかげです。

5周年目もまた新しいことが起きるかもしれません(し、起きないかもしれませんが、起こしていこうという所存)。

またそのときには企画の意図等お伝えしていきたいと思います。

今日からの一年もみなさまとoranjeの「まなびの文化」を作っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了