今日感じた「匂い」は、数年先の「なにか」の種になっているかもしれない

 第1回子カバ・第4回カバキャンプにご参加いただき誠にありがとうございました。私自身至らないところが多々あった中で、最後までやり遂げてくれた子どもたち、そして、今回も子どもたちのチャレンジに送り出してくださった保護者の方に感謝申し上げます。

 キャンプでは2名の参加者にけがをさせてしまいました。どちらも、私たちの管理・指導不足によるものです。辛い思いをさせてしまい大変申し訳ございません。また、保護者の方には信頼していただき快く送り出してくださったにもかかわらず、ご迷惑・ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。今後同じようなことが起こらないよう、今回のプログラム全体を見直し、私たちのあり方を見直し、さらにいい機会を作れるよう改善してまいります。お子さまがけがをして帰ってきてもなお、私たちを思い、言葉をかけてくださった保護者の方には感謝と恐縮の思いです。必ず新しいカバキャンプに変わっていくよう考え、動き続けていきますのでお見守りいただきますようお願いいたします。

 

===

 

 今回は第1回子カバキャンプ・第4回カバキャンプが合同開催だったこともあり、10名以上の子どもたちとチャレンジすることになりました。夜はコロナウイルス感染対策も考え、ビバークを試みました。季節的に夜は冷え込むということもあり、キーアイテムは「寝袋」になりました。裏話ですが、参加者とスタッフの寝袋は用意したのですが、実は私の寝袋はなくなったのです。そこで、自分の寝袋をキャンプの師匠に借りることになりました。師匠には小学校低学年の頃からキャンプに連れて行ってもらったり家に遊びに行ったりと、よくしてもらっていて、貸してもらうキャンプ用品の独特の「匂い」にもすっかり親しみを覚えるようになっていました。


 そして当日夜、「今日は星がきれいに見えるだろうな」と寝袋に入った途端にやっぱり「あの匂い」が飛び込んできました。それだけではありません。匂いに加えて、あの頃の「キャンプの記憶」も飛び込んできたのです。ホームシックで泣いたこと、サイクリングの途中で食べたメロンが美味しかったこと、少し変わって帰ると家族がうれしそうにしていたこと、、、。匂いに連られて蘇った記憶を頼りにしばらく星空を見ながらキャンプについて考えるとてもゆたかな時間を過ごすことができました。まさかあの当時20年後の自分が同じようなキャンプを作っているなんて。


 カバキャンプの「CABA」には当時小学生だった私の「実感」が少なからず添えられています。「ジリツのためにチャレンジし、気づきをもって日常に返っていく」。今回、みんなはどんな「匂い」を感じましたか?匂いは記憶ととても強く結びつくといわれています(プルースト効果というらしい)。匂いは記憶を呼び覚まし、そこには必ず「実感」があるはずです。そしてその実感はあなたをつくる「資質」にもなるでしょう。難しい言葉かもしれませんが「資質」とは、「どんな場面を心地いいと感じるか」です。


 今回は1泊2日と短いキャンプでした。しおり内の振り返りの「新しい自分」がまだ少しわからないな、というひとは「匂い」を思い出してみるとどうでしょう?それをたどっても何でもない「記憶」しか思い当たらないかもしれませんが、もしかするとそれはあなたの「とっても大事な何か」に紐づいているかもしれません。その種はいつかきっとあなたの中で花を咲かせ、力になってくれると思います。

 


保護者の皆さま、いつもカバキャンプにご理解をいただき本当にありがとうございます。
今回も子どもたちはたくさんのチャレンジをし、まだ言葉にならないたくさんの気づきを持ち帰ってくれたはずです。その支援についての力不足を反省しつつも、保護者の方とも子どもたちの変容ぶりについてお話する機会をもてることを楽しみにしています。

今回も誰一人チャレンジをあきらめることなく、プログラムをやり遂げてくれた参加者のみんなも本当にありがとう。
さて。次はどんなところにどんなチャレンジをしにいこう?

2020.9.22
カバキャンプ統括 冨永 岳




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了