自由研究はこう進んでいく(仮説検証編)

*本文の太字をタップすると関連ページにジャンプします。

どうも、「今年もカバキャンプやるぞ」と意気込んでます、冨永です。

 

さて、前回は「テーマが決まったらとにかくそれと真剣に向き合って楽しんで」と、

対象と同化することを説いてきました。

 

今回は「仮説検証」について。

 

「問い」の発見

ここまでどんな感じで進めてきたかって言うと、

(繰り返しになるけど)

自分で決めたテーマでただひたすら遊んでただけ。

すきなことで遊んでるので、

スピード感と量はそれなりにあると思います。

(ここが「ん、そうでもないな?」って場合はエネルギーが低いのでテーマを変えてみるのもいいかも。)

 

ここで、ブレーキを踏むわけではないのですが、

一旦これまで走ってきたところを振り返ってみましょう。

そしたら、

「あれ、ここのとこだけなんかおかしいぞ」

「ほかと違うところがあるぞ」

「どうやってもここができひんのはなんでや」

「このときだけ調子いいぞ」

みたいなのがいろいろと出てくるはず。

遊びの中で出てくる違和感ですね。

これが自由研究で解くべき「問い」になります。

これを探すのが「前仮説段階」でした。

繰り返しになりましたね。

いよいよ手続き的な「科学」のはじまり、はじまり~

問いが決まれば、またスピード感をもって活動するフェーズにうつります。

お仕事なんかでよく言われる「PDCA」みたいなもの。

いわゆる「仮説」と「検証」ですね。

違和感の理由を探していく活動に入ります。

 

まずは、その違和感と関係してそうなものを考えます。

例えば、

・この日だけやたら暑かった

・雨が降っていた

・なんとなく気分がのらなかった

・お母さんの機嫌がわるかった

・学校が再開した

・いつもよりたくさんの具材を使ってた

などなど、研究によって何と何が関係しているかは違いますが、

違和感と関係ありそうなものをとにかく集める。

よく理科なんかで「条件制御」とかって言われますが、

制御する条件は何か?というところですね。

余談①~制御できる=グラデーションがある~

ちょろっとでてきたので、ふれておきますが、

条件制御は「どんな軸ではかるか?」です。

これ、日本語を分解すると、

「どんな」と「軸ではかる」

に分かれると思いますが、

「どんな」=違和感と関係している何か

「軸ではかる」=どれくらいか

ということです。

余談➁~仮説と検証とは~

じゃあ、手続き的な「仮説」と「検証」は、何をするのかというと、

その違和感について、

「それは軸が〇〇で、その軸上で△△くらいだろうな」というのが「仮説」

「机の上でしゃべってるだけじゃなくって実際たしかめようぜ」というのが「検証」

です。

活動の感想は多い方がいい

問いが出た後は、違和感を探すんですが、

これには圧倒的に大事になるものがあります。

です。

どんな目かというと、

軸を見つける目です。

それっぽい言葉でいうと、視点です。

そういう意味では「観察」は確かに大事で、

よくみてないとどれだけ活動しても一生軸は見つかりません。

 

とはいえ、よく見れてるかどうか、の判断がけっこう難しかったり、

「見るって言われても見てるもん!!」

っていうのがあるあるですが、

これはもう、

「感想をたくさん出す」

に限ると思います。

 

当たり外れはありますが、

当たりか外れかの判断は、経験と知識がないとわかんなかったりする

だから、やっぱり、

「とにかく感想をたくさん出す」

ところからはじめるのがいいと思います。

 


ということで、まとめ




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了