身体性の高い経験に詰まっていること

 第3回のカバキャンプはこれまでと少し違った緊張感がありました。正直に申し上げると、まずは、「子どもたちと深い関係性をつくれるか」、もう一つは、「『カバキャンプ』ではなく、日帰り遠足になってしまわないか」、の2つです。

 カバキャンプのコンセプトは「ジリツのためにチャレンジし、気づきをもって日常へ帰ること」です。今回の参加者に対して、どうすればこのコンセプトを達成してくれるか、どのような支援が適切か、事前のカバチームの打ち合わせではここを考えることがもっとも重要な仕事の一つになったと感じています。そしてチームとしてたどり着いた支援の指針は、参加者の異年齢を生かした「子どもたちに決定権を委ねること」でした。つまり、低年齢の子や体力の程度をお互いに把握し合い、そのうえでキャンプの進行を子どもたちに任せる、ということです。これは事前の交流会の子どもたちのようすから決めたことでもあります。

 

 さて、7時45分に出発予定のところ15分ほど早くoranjeを発った私たちは、出町柳で「はじまりの集い」をしました。今回のカバキャンプで「ちょっと大人になり、それに気づいてほしい」と伝え、そのために「みんなで決めてね」と確認し合ったのです。友だちどうしの参加もありましたが、それでも大多数はお互いに「はじめまして」の状態で、まずは名前を知り、「どんなひとなのか」を必死で探ろうとしている顔がとても印象的でした。

 改めてスタートを切って、私は後ろからようすを見るかたちで走行していましたが、間もなく子どもたちがお互いを気遣いながら進んでいくすがたがはっきりと見えたのです。これで冒頭の私の不安はほとんど解消されました。「先にある困難のたびにきっとそれぞれがCABAのタネを掴んでくれるだろう」とスッと力が抜けていったのです。

 全ての行程が終わり、「もっと遊びたい」想いを残して大原を後にする前に「少し変われたかな?」と尋ねると、出発前より「少し自信を持った顔つき」で「なったで!」と。一人ひとり詳しく聞けなかったことだけが唯一の心残りですが、きっと夕食は思い出話に花が咲き、早々に布団に入ったことでしょう。

 

 このコロナ禍にあって学ぶには、自ら動き、経験することが欠かせません。そして、その経験をじぶんのようすごと振り返るのです。「コロナ禍にあって」と言いましたが、「いまは」、です。21世紀も20年が過ぎ、学び方も変わろうとしています。その実態がどんなものかはなかなかわかりにくいですが、実は今回のキャンプにそれはあったのです。前向きに「場」に飛び込み、変わっていくことに気づくこと。それが新しい学びのすがたなのです。今回のキャンプで子どもたちが完全にその学びをものにしたとは思いませんが、きっとその道を知り、歩いてくれたことと思います。

 

 2020年は、予測外のこともあり少し予定を変更してキャンプを実施しました。私たちのキャンプにご理解いただきお子さまを送り出していただいた保護者の皆様には感謝申し上げます。そして、みなさんとはぜひともまたカバキャンプに出かけ、「新しい自分」に出会いたいと思うものです。

 

 当日1週間前に急な変更があったにもかかわらず対応してくれたチームにも感謝します。また、たくさんの子どもたちといっしょにCABAしましょう。

 

今回のキャンプが、全てのかかわった人たちにいつか、どこかで形を変えて活きてくれることを願っています。

 

2020.8.9

 

oranje代表・カバキャンプ統括 冨永 岳

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了