土下座してでも教えてほしいこと

随分寒くなってきました。こないだまで暑い、暑いって言ってたのに。

さすがにぼちぼち靴下履こうかなあ。

どうも冨永です。

 

oranjeは

お子さまの実態を我々の教育観を通してお伝えしていきます

とお約束し、これまでも

「〇〇のところ、ちょっとかわってきましたね」

とか

「〇〇(質的なこと)なんてこと言ってましたよ」

とかお伝えしてきました。

 

で、それをベースにはじまりコースのテーマを考えたり、

ふかまりコースの研究支援を考えたりしているんですが、

その実態のとらえ方に

なんとなーーーーーく「ものたりない感」がありました。

なんとなーーーーーくですよ。

 


 

一旦話はとんで。

夏の終わりころ、ある保護者さんに言われました。

これまではもうすでにあるものをなぞるようにしかやらなかったのに、自分で発想したことを試してやるようになった

と。

 

お母さんには

「そういうことしてほしくって通わせたいと思ったのでよかった~」

と仰っていただき、

本当に本当にありがたいなあ

と思ってました。

 

とはいえ、

内心はドキドキしたのも事実でして、

僕たちがつくっている教育は

非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に

「日常的なものの凝縮」

なので、

具体的にどういったことが効いているのか、

経験知的にしかよくわかんないところもあるんです。

(日常的なことなので、おうちや学校で何かなにかあったのかもしれないし、むしろあるはずやろうし。)

 

で、話しは戻ってくるんですが、

先述した

「なんとなくある物足りなさ」

はここにあるんだろうと思います。



だから、

お母さんにそう言っていただけたことは、けっこうショッキングだったんです。

うれしい反面、

「気づけなかったーーーー!」

って。

 

なので9月からとにかくお子さんの実態

(どうだったか、どんなこと言ってたか、など)を

「文字に起こす」ことにしました。

 

一か月やってみて気づいたこととしては、

マイクロな視点での記録が多い

こと。



これまたショックでした。

「わーーーーーーー、見方にめっちゃ偏りある!」

って。

まあひとりの人間ができる視点の持ち方ってせいぜい限られているんやろうけど。

(▲これもどうかわかんないけど、僕はこう思う派▲)

 

まあでも、これで、

「マクロとマイクロの視点で見てみよう」

と思えるようになったのでよかったですが。。。

 

それにしても、

お母さんのマクロな捉え方には感服。。。



だから、お母さん、お父さん!!

教えてください!

数か月単位、年単位のお子さんの変容

を。

それが

おうちでのことでも

学校でのことでも

お習い事でのことでも、

(大丈夫な範囲で)

なんでも教えてください!

お迎えにお越しいただいたときに

ちょろっとだけ雑談させてくださいませ。ませ。

 

そしてそして。

先日10月14日にoranjeは3年を終え、4年目に突入しましたが、

やっとこどっとこ、

僕自身の研究も輪郭がはっきりしてきました。

 

それはまたどこかでお話しさせてもらえたらと思います。。。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ヨシダ シュウコ (木曜日, 17 10月 2019 10:39)

    なるほど
    なるほど

    このお母さん羨ましい!
    気付けたあなたはすごい

    私には、気付けてないことなので、一つ、見ることに、気をつけてをつけてみます
    ではまた




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了