朝日新聞に掲載されました(うそです)

やっとこ夏休みが終わりましたね。

うちのパートナーもずいぶん楽しそうに過ごしていましたが、

みなさんいかがお過ごしでしたでしょう。

 

oranjeもおかげさまで、

第1回カバキャンプ

(カバキャンプの報告はこちら

 

 

 

第1回DEC

 

 

と新しい企画が目白押しで

充実した夏を過ごすことができました。

 

両企画とも盛況のうちに終えることができたのですが、

(DECは開催すら危ぶまれたのはここだけの話)

今回はそのDECについてのお話しです。

 

 

DECは、

「自由研究の第一歩」として、

仮説に入る前の段階「前仮説段階」を経験し、

「こういう経験からみんなの自由研究が始まるんやで」

っていう料理の企画でした。

 

 

 

 

 

当日は、

みんながすきなように動いて、

蓋を開けたら

合わせて20を超えるサンプルを集めることができました。

 

 

 

すごいなー、と思ったのは、

「すきなように」動きながらも

単にむちゃくちゃに動くのではなく、

それなりに「それらしい動きをなんとなく見据えて動いていた」ことです。

 

  

ピュアな(社会的に「いい」ものとか、「役立ちそう」とかでない)活動だと、

「あたりをつける」

っていうのはなかなか難しいことですが、

2時間半の間でこの感覚を身に着けながら動いてくれたことは

我々も少し想定外の動きでした。

 

まぁそのあたりの

「子どもたちの実態」の話しはこれくらいにしておき、

今回はそのDECが新聞に載りましたよ、

って話しです。

 

まぁそこまで言い切っちゃうとうそになるんですが。

 


  

ちょっとのんびりしていた9月3日の午前中、

ふと新聞を見ると、

▼こんな記事を発見しました▼

まさに、DECだな、と思いました。

「身体感覚を用いる科学の第一歩」

「個人単位の科学」

なんてところがまさに、そう。



というか、

まあ都合よくそういう解釈しちゃいましたってことやけど。



「身体感覚を用いる」っていうのは、

「おもしろいなー」と思うことから始めるってのもそうだし、

定性的にやる実験の「量」を決めるときなんかは、まさに身体感覚。

(醤油入れて真っ黒になってるのに、さらに醤油いれようとか思わない)

 

この定性的ってのが大事で、

「実験」とか「研究」とかっていうと、

すぐに「量を測る」とかの定量的なことをやるんだけれども、

一番はじめにやる(やってるはず)なのは

定性的な活動なはず。

だから「第一歩」。

 

あとあと、

「個人単位の」ってのが、

自由研究の自由研究たる所以だなーと思っていて、

さっき話しに出た、

「ピュア」なものってのがそこ。

 

説明会のときなんかは、

「oranjeには特定の方向性があったり、『こういうものを作ってほしい』ってのはない」

って説明してるんです。

(例えば「おなかがぷにょってきてる中年男性向けにプロテインを作ろう」みたいなのはない)

 

これが「個人単位」ってことで、

要は、純粋に自分の欲求(に近いもの)をテーマとしたらいいよ

ということ。

でした。

 

DECもそうやけども、

料理は科学するにはもってこいの日常で、

それがこういう記事になってるのはいいなーと思いました。

(しかも、短くて・わかりやすい。最強。)

 

 

これもう新聞載ったって事でいいですか?




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了