記録をとっとくと「なにか」わかるという話

前回のブログ(6月14日)で、

「いろいろなかなかうまくいかないんすよねー」

「気温が低いからかなー」

とボヤいていたんですが、

何をするでもなくぼーっと記録(気温と、各成長段階でのアゲハの数)だけとり続けていました。

(といってもさぼっちゃった日もあるんですが。)

 

 

本邦初公開。oranjeのアゲハのすべて。

 

最近、パートナーとも、

(と:冨永、P:パートナー)

 

と「去年のデータ残ってる?」

P「あんで」

と「おぉナイス、去年どうなってる?」

P「いるhがkんふぁldf」

と「なるほどー!やっぱちゃんと書いといてよかったな!!」

 

 

 

なんてやり取りで、

「記録をとるのがいかに大事か」

を実感していたので、

アゲハの記録も一旦見返してみました。

 

そしたら、けっこうおもしろいことがわかりました。

■前回のブログ投稿前(前一週間)は気温が最高でも25℃くらい

■30℃を超える(6月18日頃)と100個単位で産卵する

■孵化は産卵4~5日後

■孵化するには最高気温が30℃程度の日が続いてから

(気温は「天気.jp」のアプリを参照)

 

 

 

きちんと条件制御をしたわけでもないですし、

仮説とまではいかないと思いますが。

 

なぜ言い切れないかというと、

記録したデータは、気温と数しかとっていないので

他の要素が因果になっている可能性を排除しています。

たとえば、湿度とか母体(?)の健康状態とか産卵させるミカンの葉の状態とか…etc

しかも、何サイクルもおんなじ状態を確認できたわけでもないし。




相関はあると思いますけどねー。




「因果関係があります」まで示せないとなかなか「仮説」とはいえない

 

で。

まぁここまで来てやっと、

「じゃあもういっかいきっちり環境つくってデータとってみようか」

って話しになるわけです。




いま、多くのパートナーが「前仮説段階」として、

「とにかくやってみる期」にいますが、

必ず記録もとってもらっています。

 

「あれ、もしかしたら〇〇かもしれない」

と思ったときに記録をとっとくと、

「じゃああんときどうやったか一回見とこか」

ってなるからです。

 

地道で、泥臭い作業ですが、

(絶対)いいことあるから、

 

みんな!!!

記録とっとこーねー!!!!!

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了