なかなかうまくいかないものでして…

こちら、久しぶりの投稿となります。

アゲハについてのブログはたまーにコメントいただけるのでとってもうれしいです。

 

 

 

さて、今年もアゲハチョウの季節がやってきました。

(随分前に。)

oranjeでは(身内の日曜大工)パワーを最大限に使ったので

アゲハは立派な棚に棲んでいます。

 

 

 

 

毎年おんなじように飼ってるアゲハチョウですが、

やっぱり(?)今年もうまくいかないことがありまして。

 

■ペアリングのすんだ母アゲハがなかなか卵を産まない

■孵った幼虫が大きくならない

 

の二つが目下の悩み。




エキスにつけた模擬葉に手でもって近づけてやると、

ひぃひぃふぅーーー!

とか言って(言わないけど)、産んでくれるんですが、

ほっといたらポコポコ産んでくれるって言う風にならない。

模擬葉だけじゃなくて、

生葉を入れててもおんなじ。

去年はうまくいってたのになーーー。

今年は少し気温が低いってのはあるかもしれない。

(調べたら平均気温で5度くらい低いみたい。参考までに▶気象庁の気温のデータを見る

 

ちなみに、

こうして▼

 

 

こうなら成功▼

 


 

幼虫が育たないのも何かとやばくて、

やつらが孵らないことには、

幼虫はもちろん成虫も出てきてくれない

成虫でペアリングできない

成虫が卵を産んでくれない

「アゲハチョウのふしぎ」ができない

冨永死亡

(冗談ではなく、出張とかなくなっちゃうので。)



それで(昔アゲハの研究してて、世界で初めての発見もした)師匠に相談したら、

どうやら湿気はよくないらしい。

チャック付きの袋に葉っぱごとつっこんでたのでこりゃだめですわ。

 

 

 

てことで、チャック付き袋はやめて、

容器(蓋はティッシュで風もスースー)に移したんだけども、

これもどうにもこうにも。

師匠が言うもんだから

「これでいけるやろう」

なんて余裕こいてたら全然育たないの!

 

 

 

まいったなーーー

 

これも

「気温が低いのかなー」

なんて言って片づけることもできるかもしれないんだけども、

直感的にはたぶん違う気がする…。

 

この辺りちゃんと条件制御したりすると

おもしろい研究になるんだろうな―と思いながら

時間だけ過ぎていってる毎日に反省しています。。。

(記録だけはとってる▼)

 

 

 

 

(ほかにもやらないといけない研究が山積み)




ていうか、飼育下じゃなくて、

自然での生存率ってどれくらいあるんやろう…。

飼育してるとそういうのが気になってくるし、

自然全体でうまーく回ってる感じが

「すげーな!」

と思います。

 

もう僕ら、

「その辺にゴミ捨てない」とか

「木とか雑草とかですらもやたらめったら切らない」とか

「彼らの生活の邪魔しない」

くらいしかやることないじゃん!

ってなっちゃう。

 

すごいなー、自然。




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了