Natureは前向きになれる「魔法」の企画?

こんにちは。

キャンプ、キャンプで

てんてこまいの、ひげもじゃ冨永です。

(ひげは願掛けのつもりだったのに、チームからは不評です)

 

キャンプもそうですが、

oranjeには

「身体性を上げ、自己を感じろ」

というスローガンで

Natureという「外遊び」するだけの企画があり、

月1回を目標ペースに

テーマを決めて外に遊びに行っています。

(みんなで外に遊びに行きたい)

 

 

 

 

わざわざ企画に名前をつけたくらいなので

それなりにそれっぽい(小難しい)理屈もあるんですが、

▼それはこんなもの▼

■自然の中に入ると圧倒的な複雑性と系統性の世界がある

■否が応でも、「五感」と「物理的な体」を使う

 

この辺りが野外活動のいいところで、

(「スポーツの習い事をしている」とかとは少し違う)

我々がやっている自由研究にも必ず還っていくいくと思っています。

(検証はしていない)



で。

6月は9日にクモの観察にいってきました。

石清水八幡宮で、

日本蜘蛛学会会長の吉田真先生が

ガイドをしてくれる自然観察会に参加したんです。

 

 

 

パートナーも数名参加してくれました。

ここからやっと本投稿の本題に入っていくんですが、

参加してくれた内の一人は「とにかく虫が嫌い」のパートナー。

 

お母様から

「行きます」

と連絡していただいた時点で、

「お、チャレンジやな、クモは好きなんかな、いや、まぁ多分ちゃうやろな―」

と思いましたが、

それこそ「外遊び」ができればいいので、

「ぜひぜひ!いっしょに遊びましょか◎」

とお返事しました。

 

んで、当日。

蓋あけてみたら、

ずーーーっとクモを探してるんですね。

これはもう本当に魔法にでもかかったんじゃないかなと思いました。

クモどころか「虫はきらい」と明言していたあのパートナーが

ずーーーっとクモを探してるんですから。

 

2時間の活動時間中、

はじめっからクモを探して森を分け入り、

何匹かつかまえ、名前まで覚えて。

最後は友達なんかもできて

めちゃめちゃワイワイしてました。

 

 

 

なんなんでしょう。これ。

何が起こってるかわからなさ過ぎて感動すらしてしまいました。

こんなにダイナミックな変容がこんなにあっさりと起こっているのですから、

これはもうきっとかけられたんでしょうね。魔法を。

(だれに)

 

きっと間違いありません。

かかったんでしょうね。魔法に。

(絶対違う)


ーーーーーーーー

あくまでも、「こうなんかなー」のレベルですが、

 

■自然の中に自分が入るので(教室とは違って)、「なめらかに」自然に向き合える

(というか、自然の一部になっている錯覚(?)がある)

■野外なので、身体的な開放感から「動くこと」そのもののハードルが下がっている

(■わからないことがあっても何でも教えてくれるだれかがいる安心感がある)

■たまたまいい気分だった

(■その日の夢でクモと親友になる夢を見た)

 

みたいなことがあって、むちゃくちゃ前向きになれていたのかなー。と。

僕としても、とってもいい場にいることができました。




また外遊びしにいきましょう~!

そして、8月はカバキャンプ!

お友達もお誘いあわせの上、ご参加ください◎

今後のNature予定

企画
7  アゲハチョウのふしぎ
9 未定 石積み(日曜日。MAB会 兼 BBQ)
10 5 きのこ(京都科学読み物研究会)
10 19 泥団子
2 1 冬鳥(京都科学読み物研究会)
【日程未確定】珪藻土、サル

 





【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了