自由研究とは…VOL.2

前々回に続いて第二弾です。

今回は、

『自由研究とは「日常生活の中でみんな楽しめる」もの』

として、書いていきます。

 

というのも、

先日パートナーさんの研究を、

2組の大人のひとたちがいっしょにやって

「楽しかった」

といった感想をお話ししてくれたのです。

なので、事例紹介という感じ。



大人が一緒にやった研究(実験)は、

「くだものをとにかくやいてみる」

です。

もうこのまんま。

毎回毎回、来ては焼いて、焼いては食べて、の繰り返しです。

 

来ては焼いて。

焼いては食べて。

 



1組目は、滋賀県の私立高校の先生たち。

学校で探究科(?)みたいなのを作るようで、その視察にoranjeに来てくださいました。

「自由研究どうやってるんですかー」と。

 

パートナーが黙々と実験しているところに

先生方も混ざってもらいました。

やってる最中も「へー!」とか「あーたしかに!」とか

決して上から目線でなく楽しんでくれて、

帰ってからも

「こんな好奇心が動いたの久しぶり」

とご連絡いただきました。


 


もう1組は、パートナーの保護者さん。

久しぶりにお会いした方だったのですが、

「GWに一緒にやってみて、めっちゃ面白かったんで2回もやっちゃいましたー笑」

と。

(こういうの本当にうれしい)




以上の2組のお声から

oranjeでの自由研究の輪郭を少しくっきりしてもらったかな

という印象です。

つまり、

 

■普段の生活ですでにやっていること

■日常過ぎて見過ごしてるけど、知らないこと

(知ってても、上から目線で「教えてやろう」みたいな感じにならず、

とにかく本人さんにやってほしいという気持ちになるもの(?))

■大人がやっても楽しいこと

 

かなーと思います。

説明会でお願いした「支援」のかたちとしても

無理なくされているようすで、

本当に本当に本当に本当に本当にありがたいばかりです。

 

なので、テーマ決めに近い話かもしれませんが、

以上3つの■をおさえていれば、冒頭の

『自由研究とは「日常生活の中でみんな楽しめる」もの』

が違和感なくご理解いただけるのではないかと思います。

(「えー、そんなん遊んでるだけやん」とかにもならずに。)

 

 

はー、毎日おもしろい。

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了