自由研究とは…VOL.1

新年度がはじまりました。

みなさまいかがお過ごしでしょう。

環境の変化があった方も少なくないかと思います。

 

環境の変化といえば、

oranjeでは「ふかまり」へとコースチェンジするパートナーさんがいました。

新3年生のパートナーのみんなです。

 

これまで、

準備されたテーマで学び、

内省の練習、学びの学び、あとは楽しむこと

を中心にやってきましたが、

これからは、

「自分で決めたことを自分でやる」自由研究をしていきます。

 

 

Nich. それは元は生物学用語で、「生態的地位」を表す言葉です。

つまり、生態系の中で損得とは別のところで果たすそれぞれの”役割”を表します。

oranjeでは、パートナーそれぞれが自分の”すき”なことを自分なりに深め、”ゆたか”さをさぐります。

 

 

そして

保護者の方にも

「oranjeは自由研究する場所です」

とは言っていましたが、

先日改めて

「これからこんな感じで進んでいきます」

という説明会をしました。

(お忙しい中お越しいただき誠にありがとうございました)

 

 

で、なんとか

いま語れる「こうやっていきます」を

全力でご説明させていただきましたが、

引き続き、

「自由研究とはなんぞや」「あんたんとこでは何してんだ」

を語り続けないと思っています。

 

でもでも、

考え付いたときに毎回毎回保護者の方をお呼びだてするわけにもいかないので、

ここでツラツラと垂れ流すことにします。

よかったらランチの一品に入れてください。




初回は

「自由研究とは『自己紹介である』」

である。

(ほんちゃんの説明会でもお話ししましたが…)

 

oranjeが「自由研究」をしている理由の一つに、

「自分のことを知るべきだ」

があります。

 

だから、やってほしいのは徹底した自己分析なわけです。

極端なことを言うと、テーマのことなんか進まなくたっていい

 

いわゆる一般の「研究」では、

「自分はどうだったか」

は関係ありません。

むしろもっとも排除すべきものです。

「研究」では目の前で「起こっていることのみ」が対象になります。



話しを戻して、

自己紹介のことになりますが、

基本的に、

「自分ってこういう人間なんです~」

を誰かに伝えることが自己紹介です。

 

でも、

「名前」と「年」と「すきなこと」だけなんてちょっと味気ない。

知ってもらって、

仲良くなったり、信頼関係をつくっていかないといけないのに、

それだけだとあんまりおもしろくなくって、

「名札貼っときゃよくない?」ってなる。

 

逆に聞いてる側としても、

「え、それだけ?」ってなるし、

そもそも全く違う人間なので、自分と全く違うひとのことって知りたくないですか?

(何考えてるかわからん人って怖いやん)



ここなんです。自由研究のいいところは。

テーマを深めている自分を考察できて、知ることができるところ。

「自分はこれが好きなんです」

「自分はこう考えたんです」

「自分は・・・・・・」

って。



自分のことを知ってもらって、誰かのことを知ることができる。

そしたら、「ちがうことが当たり前」なことも当たり前になる。

これって実はかなりラッキーなことだと(僕は)思うのです。



だから!

研究の支援は、

「あなたのこともっと教えてよ」

が基本で、

「これはどういう風に見る(考える)?」

を聞いていきたいなーと思っています。




「へー!そんなんがすきなんや!」

にふれられるのは、本当におもしろい。

 

 

 

 

 

次回は、

「自由研究とは『嘘をつかないこと』」

 

とでも題して書こうかなーと思っています。

 




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了