再現性、再現性とは言うけれども…

ご周知のとおり(?)、oranjeでは自由研究をしていて、

自由な研究とはいえ、あくまでも”研究”ですので、

小学生だろうが容赦なく科学の手続きにはきちんとのっとってもらいます。

(まぁ↑の字面ほどシビアな雰囲気はないですが。)

まぁきちんとするところはきちんとしようね、ということ。

 

で、科学というと、

世間では、ひとしきり「再現性、再現性」というのが叫ばれるイメージがあります。

 

  きっと数年前、

小〇〇〇子さんの「STAP細胞はあります!」騒動で

「再現性」という言葉がしきりに使われたからではないでしょうか。


 (違うかな?グーグルトレンドで「再現性」っと…Googleトレンド、ポチポチ)


あ、やっぱり。たぶんそうね。

(みんなの検索トレンドが大体一致してる…笑)

これは良くも悪くも、

日本中が”科学”の営みに興味をもった騒動でした。

 

この後しばらく

「科学って再現性を確認すればいいのね」

という認識が広まります(のような気がする)。

もうみんな大合唱ですよ。

まぁそれはそれでいいんですが、

問題は”どのように”再現性を確立するか、ということです。




ここで小学生(4年生以上なので、理科歴2年以上)たちとの実験に返ってくるわけですが、

どうやら彼ら「どうやって再現性を確立するか」はわからないようです。

つまり、まずまず第一段階としての、

「やったことを漏れなくきちんと記録すること」

そして、それを

「データとして整理し、まとめること」

がけっこう難しそうで、「イチから教えないといけない」状況。

(それがイヤだって言ってんじゃないですよ?)



ちなみに、「学校で実験してデータとか取らないの?」と尋ねると、

「用意してあるのを混ぜるだけやでー。全然自由にできんし。」と。

やったことなけりゃしかたないよね。

私のときもそうでしたが、こりゃなんとも…。



 

というわけで。

まずは、きちんと記録しようよ

それは別に特別高度なことじゃなくて、

今日食べたものをぜーーーーーんぶ書き出してみる、とか

今日しゃべった友達の名前をぜーーーーーんいん書き出してみる、とか

今日見つけた赤いものをぜーーーーーんぶその都度書き留めとく、とか

そんなことで充分だったりする。



ステップは小さいところから。ね。

そしたら、実験の精度も上がって、

 

「再現性」の話しにも自然となるから。ね。

 

それが教育の科学との関わり方かと思います。




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了