【アゲハチョウ記録Vol.18_03】世代を紡ぐ

今日は久しぶりに晴れてますが、

今週は地震に雨にと大変でした。

雨が降ると、アゲハチョウの飛翔もあまり確認されません。

 

でもでも、oranjeでは、

パタパタ…、パタパタ…、パタ!とたくさんとびまわってます。

成虫が20匹、蛹が5匹、幼虫が20匹くらいそれぞれいます。

 

成虫がだいぶと増えたので、虫かごも買い足しました。

 

保護者さんからも「圧巻ですね」と(やや引きながら)言われて、まんざらでもない感じで「そうですね、へへ」と。

 

だいぶ増えたアゲハチョウですが、今年は随分と楽をしています。

 

毎年アゲハチョウは幼虫から集めてそれを成虫に育て上げています。

なので、幼虫を集めるのに例年必死のパッチだったんですが、今年は種から育てたみかんの苗がかなり立派になって、そこに卵をたくさんつけてくれるので奔走しなくてすんでいます。

 

これが案外めっちゃ楽。



で、すっごい当たり前の話ですが、

アゲハチョウは、卵→幼虫(5齢まで)→蛹→成虫と完全変態していきます。

 

ただ、ここで大事なのは成虫になったチョウはただ死を待つだけ、ではないということなんです。




そう、成虫に残された最後のミッションは、

【交尾をし、子孫を残すこと】

です。

 

飼育していると、なんせここが一番難しい。

モンシロチョウだと虫かごの中で勝手にやってくれる(らしい)のですが、

アゲハチョウはそうはいかない。



じゃあどうするか。

 

お手伝いするしかないですね。

 

ということで、”ハンドペアリング”します。

そうです、ハンドでペアリングするんです。

 

これがまた言うは易しするは難しなんです。

本でも勉強して、師匠にも教えを請いましたが、やっぱりやるとなると難しい。

まったくできませんでした。去年までは。



もう一度言います。去年までは。去年までは。(2回言っちゃいました。)

 

 

今年はできちゃいましたー◎

どーーーーーん

 

 

産卵も。

ただ、こっからこれらを孵すのはほぼ初体験なので、これもまた試行錯誤です。

うまく孵ってくれーーー!!




【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了