”たべれる” or ”たべられる”

 

Booksー本の紹介ーで、

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」をとりあげ、読解力について書きましたが、

今回も少し近いかな。

 

ま、今回の内容は「こんなのありました」でとどまります。



先日ふかまりコースの女の子3人に珍しく本の紹介をしました。

(個人的には、本が好きな子は読めばいいし、そうじゃない子は別にいいと思うのであんまりしないんですが。)

 

紹介したのは、次の3冊。(一番下に紹介してあります)

・日本人の日本語知らず。(文:清水由美、絵:ヨシタケシンスケ)

・ちっちゃな科学(かこさとし、福岡伸一)

・世界をこんなふうに見てごらん(日高敏隆)

 

タイトルは、1冊目の紹介のときに出た話です。

どっちが正しいか、おわかりですか?おわかりですよね?

 

答えは、「たべられる」です。

 

おやつの乾燥剤に「これは食べられません」とかって書いてあったりもしますから、一応こっちの方がただしいことになっています。

 

ちなみに、ふかまりコースの女の子3人+ふかまりコースの男の子1人の正解率は0%でした。(なんてこと。)



さっき、”一応”と言ったのには、理由があります。

言葉は変わっていくから、です。

極端な話、いま何かいいことがあっても「いと、をかし」なんて言わないですね。

言葉のような文化的なことは日々進化していくんです。

(”全然”なんかもそのいい例ですね。本来”全然”の後ろには否定系の言葉がきますが、「全然オッケー」なんて普通に使いますし)

 

だから、”食べれる・食べられる”論議のときも

「(ライオンとかに)食べられるみたいやーん」なんて話してましたから、

ら抜き言葉も殲滅するよりケースによってはむしろ推奨してもいいかもなんて思いました。

 

 

おわり。




紹介した本について、少しだけ。

日本人の日本語知らず。

(文:清水由美、絵:ヨシタケシンスケ)

 

「みんな間違って使ってるけど、ほんとはこうなんだよ」って本。oranjeは小学生が論文を書くので、そういうときはやはり”ちゃんと”書くべきかと思います。場合によってはニュアンスが変わってしまったりするので、やっぱり言葉をちゃんと自在に使えるっていうのは大事です。

 

 

【おすすめ度:★★★☆☆】

ちっちゃな科学

(かこさとし、福岡伸一)

 

「自由研究ってなにしたらええねん」って人に「題材は何でもええねんで。むしろ何だって自由研究になんねんで」と返してくれるような本です。対象さえ決めてしまえば、「これってなんや!?」が自然に出てきて「おもろい!」を見つけられることが自然体で叶うことが書かれています。「なにかやってみようかなー」と思わせてくれるような本です。

 

【おすすめ度:★★★★★

世界をこんなふうに見てごらん

(日高敏隆)

 

これも「ちっちゃな科学」と雰囲気は似てるかな。「研究は、観察とか仮説検証とかなんとか言うけど、直感的に楽しめることとか、ワクワクする気持ちが大事なんだ」っていう本です。エッセイなので読みやすいです。

 

 

 

【おすすめ度:★★★★☆】





【Tell】

080-2521-8377

月~土の16時以降は学びの時間のため

対応できない場合があります。

あらかじめご了承ください。

【Mail】

info@o-jiyukenkyu.com

【Address】

 〒603-8344

京都府京都市北区等持院南町5-25



oranje代表

自由研究パートナー

冨永 岳

Tominaga Takeshi

長野育ち 御室出身

京都教育大学大学院教育学研究科 卒

京都教育大で、探究学習や自由研究の有用性を見出す。日常性に着目した学びについての研究として、現行の教育とは別視点の教育を提案した。

大学院卒業後、準備期間を経て、地元・京都の御室で探究学習や自由研究で学ぶoranjeをスタート▶ブログ「漫画でいうと第1巻の第1話がすきな代表の話し

■影響を受けた本■
・(新)13歳のハローワーク
・選択の科学

・善の研究

 ■すきなこと■

外遊び。山を走ったり、海で泳ぐのがすき。

あと、カレーが大好き。


 

Special THANKS

oranjeでは、授業の開発や教育研究について様々な方にご支援いただいています。

京都教育大学

理科教育研究室

村上 忠幸

Murakami Tadayuki

兵庫県の県立高校の化学教員を15年間勤め、1999年から京都教育大学理科教育研究室で探究学習の研究をしている。研究テーマは、新しい時代の教育に向けて前仮説段階探究、messing about、マルチプル・インテリジェンス、自己理論化、省察、メンタリングなどのキーワードを用いて「経験からの学び」について検討している。

 

1957年1月11日生まれ

兵庫県北部の養父出身

滋賀県私立教員

小巻 一歩

Komaki Ippo

 大学院で生物の進化に関する教材を研究すると同時に探究学習に興味を持つ。自分がおもしろいと思うこと、興味を持っていることを生徒と共有するのを目標に、現在は滋賀県の私立高等学校で勤務。

oranjeでは自由研究パートナー、授業開発のアドバイザーなどボランティアとしてかかわる。

 

1991年7月12日生まれ

京都市衣笠出身

京都教育大学大学院 教育学研究科 修了